住宅購入時にかかる税金について

住宅購入時にはいくつかの税金がかかります。

印紙税は住宅購入時の売買契約書やローンの契約書にかかる税金です。

例えば1000万円の売買契約を結んだ場合は2万円の印紙税がかかります。


登録免許税は土地や建物の登記を行う際にかかります。

土地や建物の場合は固定資産評価額に所定の税率をかけたものが税額となり、住宅ローンを組む時の抵当権の場合は、借入金額に所定の税率をかけます。
不動産取得税は住宅購入など不動産取得時に支払う税金です。
土地と建物にそれぞれ別途にかかります。固定資産評価額に所定の税率をかけて算出します。



これらは不動産取引の際に課税されるものですが、それ以外にも住宅の購入や建築の代金に消費税がかかります。

安心できるsmanyの情報が更新されています。

この場合土地は非課税となり、建物が課税対象です。また不動産会社への仲介手数料などにも消費税は課税されます。

住宅の売買に関しては、売り手と買い手との間で固定資産税などの公租公課の清算が行われます。

この場合でも建物分の公租公課の清算分の代金には消費税がかかります。


また、固定資産税などの支払い義務があるのはその年の1月1日時点の所有者になります。

こだわるなら住宅購入の税金情報について考えます。

それ以降に売買が行われたとしても納税の義務者は変わりません。

そこで買い手は売り手に対して、引き渡し日を基準に日割り計算で清算を行います。


住宅購入の際に、親や祖父母からの資金援助を受けた場合は、基礎控除額の110万円を超えた場合は贈与税の申告が必要となります。